· 

それでも行くのです3

ホテルで仮眠をとってから、いざ現場に向かいます。

現場のあるアウトレットモールでは、ライトアップが綺麗でした。

桜をイメージしているのでしょうか?

 

政府の協力要請を受けて、19時までの営業時間短縮を実施していました。

 

店名・現場内の写真を掲載出来ないのが残念ですが、

北海道では皆さんが知っている飲食店の現場確認です。

 

工事の進捗は順調でした。

しかし厨房の配管予定位置に障害物がある事が判明。

現場担当者と配管を睨み続けること30分。

奇策をひねり出し、無事指定場所に設置可能となりました。どうにかする、が弊社のモットーです。

 

今後の工程を確認し、発注打合せを済ませて、無事故で怪我無く工事完了できるよう「ご安全に!」の合言葉をかけました。

 

店舗内装の仕事では、夜間の工事や工程の遅れなど事故の原因となる要素がたくさんあります。

できる限り現場の負担を減らし、工期に後れを出さないのは当然ですが、何より無事故で終わることが肝要です。

 

帰路の空港へ行く道すがら、いつも愛用のスニーカーを爆買いする上野「アメ横」の賑わいは?と気になり途中下車。

路地裏の店舗は…

かなり寂しいです(3月上旬の状況です)

 

デパートの短縮営業の告知を横目で見つつ空港へ向かいました。

検査場もガラガラです。

スムーズで楽でしたが…寂寥感が漂います。

 

寄り道したのでフライトギリギリに搭乗口に到着です。

何はなくても崎陽軒シウマイ弁当を買って搭乗します。

予想通り、機内はほぼ貸切状態。

だいすきなシウマイ弁当をいただきつつ…。

今後、私たちの仕事にも影響がありそうな大変な事態だと感じながらも、

規模や時間を縮小したりしながら、それでも臨機応変に対応していける国民性に

活気を取り戻す希望を見出しました。

弁当をおいしく食べられるのは大事なことです。

 

寄り道やらグルメやらの今回の出張でしたが、ちゃんと現場が進んでいて一安心です。

会社所在地

株式会社 梨木工務店

本社・制作本部

〒063-0850 

札幌市西区八軒10条西12丁目2番29号

TEL:011-643-8071 

FAX:011-615-7746

 

 東京支店

〒350-0853 

埼玉県川越市城下町20番1号

TEL:049-292-0261 

FAX:049-292-0262

つぶやく・シェアする